2019年03月14日

新型東芝射出成形機230トン やっと量産しました。

 昨年末の導入した東芝製の射出成形機でやっと量産をしました、今まで試作ばかりでじっくりと量産することはなかったのですが(笑) やはり今まで使っていた日精、住友とは画面やタッチパネルのボタンなど違うのでなかなかです、いろいろ使ってみて、他社にない設定もありますが 他社に標準であるのに、それがないとか、だんだんわかってきました、とりあえずトラブルなく動いてくれることを願うだけです。

IMG_0970(1).jpg
今までの成形機の中で一番画面がでかいです。 特に射出、保圧のタイマーの考え方は日精さんとほぼ同じです、射出時間設定のみで 充填時間と保圧時間を別々に入れる設定ではありません(住友はそう)


抜き勾配のほとんどない製品 早くエジェクトすると製品がゆがむので最初はゆっくり。
全面シボ製品なので3方スライド型です。



これも三面スライドです シボあり。これも抜き勾配ありません。

3月4月とやらなければいけない試作や量産がまだまだ控えております、自分もプレイングマネージャーとして現場でいろいろやっております、もともと現場でないかをやっているほうが楽しいので、事務所でお客様対応や見積もりやメール返信ばかりだとおもしろくありません(笑)


あと3月18日〜20日までメドテック2019が東京ビックサイトで始まります サイプラも日本医工ものつくりコモンズのブースより共同出展いたします、皆様のご来場お待ちしております 東5の 3411ブースです。
IMG_0977.PNG


posted by サイプラ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サイプラ社長日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185709906

この記事へのトラックバック
タグクラウド