2020年06月12日

シーケンサー不良と マグネットスイッチ

 昨日 キャップ成形品で回転コア位置を制御して成形する商品があるのだが、いつも装置をセットして原点位置確認をして、そこから成形機のねじ抜きの開始位置から接点をとって自動運転するのだが、成形者が自動運転にしても金型のモーターが回らないとのこと、自分も電気技術者ではないが ほんとに成形機のねじ回転
の接点とれてるのかと、線でも切れてるんではと、、テスターで確認したが どうやら断線してるわけじゃない、成形機からもリレーが動いていて ちゃんとドライ接点で信号はでてる。

IMG_2125.jpg

IMG_2121.jpg
成形機側のリレー接点

IMG_2122.jpg
その接点をネジ抜きコントローラーへ配線してる。

とりあえず自動運転の入力があるかシーケンサーの入力ランプを確認
IMG_2124.jpg
IMG_2123.jpg
102番が成形機からの入力だ。成形機からの出力があるのに、この入力のランプがついてない だが0Vとこの102番の電圧をはかるとちゃんと24Vがきてる やっぱー シーケンサーがおかしいのか、 ここまでくると自分には手に負えないので、その道のプロにお願いすることに。






さらにまた別日にブロー成形機が ヒーターの一部の温度が上がらないとのこと
たいていマグネットスイッチのが原因が多いのだが、やっぱその通り この機械相当古いので
付いてるマグネットも     古るーーーーー

IMG_2082.jpg

とりあえず新しいマグネットに交換 配線の入り方が違うので線をのばしたりチョイ苦労で
無事交換。
IMG_2083.jpg

ちゃんと最低限の電気の勉強はしときましょー。

posted by サイプラ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サイプラ社長日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187589104

この記事へのトラックバック
タグクラウド